インダストリアルコーティングシステム

企業 | グローバルディレクトリ | 言語


ワイヤーケーブルと光ファイバー

UV 硬化加工は瞬時の硬化が可能であり、高速処理でより堅牢な耐久性に優れた劣化しにくい製品を製造できます。

UV 硬化加工は、ワイヤーやケーブルの製造において、保護性能、耐摩耗性、柔軟性、強度の向上といった付加価値をもたらします。光ファイバーの生産では、UV 硬化型インクを色分けや識別のために完成したファイバーに塗布すると、これらのメリットがさらに高まります。また、UV 硬化型材料を使用してファイバーをリボンケーブルに接合する場合も同様です。