インダストリアルコーティングシステム

企業 | グローバルディレクトリ | 言語


缶および容器製造

リムコーティング用途で UV 材料を使用することで、リム被覆の耐久性が高まり、缶の可動性と生産性が向上します。

加えて、コンパクトな UV 硬化システムのエネルギー消費量は、その他の UV リム硬化技術と比べて 25% 低減されます。

ノードソンのリムコーティング用 UV 硬化システムには、缶のリムをシンプルに、すばやくかつ効率的に硬化できる革新的なランプ設計が組み込まれています。このシステムのランプは、消費エネルギーの約 93% を有効な電力に変換するため、ノードソンシステムは他社の製品と比べてエネルギー効率が 25% 向上します。

リムコーティングに加え、ノードソン UV 硬化システムは、スチール缶のチャイムコーティングを硬化する際にも使用できます。チャイム部分に UV 硬化加工を施すことで、耐久性が増し、さびを防ぐことができます。

UV 硬化型コーティングの利点

  • UV コーティングは固形成分含有量が 100% だが、従来型のコーティングは 35~50%
  • ローラー塗布とスプレー塗布のどちらでも、UV 材料の厚膜を形成することで缶のリムを保護
  • UV コーティングは耐久性が高く、接着性に優れ、生産時や搬送時に材料が劣化するリスクを低減
  • UV コーティングにより、滑り係数が増大し、搬送時の潤滑性が向上するため、コストのかかる詰まりの発生を最低限に抑えられる
  • 潤滑性が向上すると可動性が上がり、充填ラインの生産性を最大で 25% 改善することが可能