ノードソン EFD

784S-SS 無菌スプレーバルブ

FDA (米国食品医薬品局) 準拠の接液部を備えた 784S-SS 無菌マイクロスプレーバルブは、流路に液溜まりがなく、無菌液塗布に最適です。

少量低圧 (LVLP) テクノロジーを採用した 784S-SS バルブが形成する均一なスプレーパターンの直径は 3.3 mm (0.13 インチ) ~ 19.1 mm (0.75 インチ) です。低粘度から中粘度のほとんどの液剤の塗布を高い精度で制御します。さらに広い範囲に塗布する場合は、ファンエアーキャップが付いた 784S-SS-F モデルをご利用ください。

その革新的な設計の特長として、標準スプレーノズルに代わって小ゲージのディスポーザブルディスペンスノズルが採用されています。このノズルは、コーティング剤を霧化する LVLP エアーを一点に集め、より微細なスプレーパターンを形成できます。

784S-SS バルブは流路に液溜まりがないため、無菌液塗布に最適です。また、すべての接液部には SUS316L と PTFE が使用され、CIP (定置洗浄) および SIP (定置滅菌) 工程に適しています。

特長

  • 定置洗浄と定置滅菌が容易
  • FDA (米国食品医薬品局) 準拠の接液部
  • メンテナンスを最小限に抑えた設計
  • 確実なシャットオフ、シール不要

使用可能な液剤

  • 生理食塩水
  • ステントのコーティング剤
  • シリコーンオイル
  • 溶剤

システム全体は、784S-SS スプレーバルブ、ValveMate™ 8040 コントローラー液剤タンク、およびディスペンスノズルで構成されます。より高速なスループットを実現するには、EFD オートディスペンスシステムと統合してください。

また、754V 無菌ディスペンスバルブ は、液剤がスムーズに排出される設計で、その接液部は FDA (米国食品医薬品局) 準拠なので、光学モノマー、錠剤のコーティング剤、小瓶充填、その他の液剤の塗布に適しています。